バークレイズが仕組み商品、フラットな利回り曲線続けば10%リターン

バークレイズが仕組み商品、フラットな利回り曲線続けば10%リターン

(ブルームバーグ): 英銀バークレイズは、米国のスワップカーブが1年後にかなりフラットなままであったり逆転していたりすれば利益が出る仕組み証券「フラットナー」200万ドル(約2億1300万円)相当を販売した。米金融当局に十分な利下げ余力がなく成長やインフレを押し上げられないと投資家が懸念するシナリオで有利になる商品だ。

  イールドカーブがフラットだと利益が出る商品を大手投資銀行が出したのは今年初めてとみられる。強気の景気見通しと長短金利差拡大で利益が出る「スティープナー」はよく売られている。

  利下げ局面ではイールドカーブは通常スティープ化するので、バークレイズの商品を買った投資家は「今回は違う」というウォール街の最古かつ、最も危険な格言の1つを信じているのかもしれない。短期債は長期債よりも政策金利の動向に敏感で、また利下げはインフレリスクのプレミアムを拡大させるため、イールドカーブは過去の緩和サイクルで総じてスティープ化してきた。

  しかし、JPモルガン・アセット・マネジメントの最高投資責任者(CIO)を務めるボブ・マイケル氏も、「今回は違う」派だ。同氏は7月のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「歴史書を捨てろ」と発言。短期金利が低下すると、投資家が少しでもリターンを高めようとして中長期債へと目を向け、イールドカーブ「パンケーキのようにフラット」になるだろうと語った。

  現在、30年と2年のスワップレートの差は、約9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)。バークレイズの商品は差が45bp以下である限り、買い手は約1年で10%のリターンを得られる。45bpを超えると1bpごとに元本の1%を失う。損失の上限は15%。バークレイズの広報担当者はコメントを控えた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索