ドイツ30年債入札、需要は低調−落札利回り過去最低のマイナス0.11%

ドイツ30年債入札、需要は低調−落札利回り過去最低のマイナス0.11%

(ブルームバーグ): ドイツ政府が21日実施した30年物ゼロクーポン債の入札は、需要が低調だった。

  2050年償還債の発行額は8億2400万ユーロ(約970億円)相当にとどまった。予定されていた20億ユーロの3分の2近くはドイツ連邦銀行(中央銀行)が引き受けた。入札後の流通市場でドイツ国債は前日比で下落。

  平均落札利回りは過去最低のマイナス0.11%。応札倍率は1.05倍と7月17日の1.07倍を下回った。連銀の引き受け分を含めて算出した実質応札倍率は0.43倍、前回は0.86倍。

  ロンドン時間午前11時現在、ドイツ30年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇のマイナス0.12%。10年債も2bp上昇しマイナス0.68%。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索