ヴイエムウェア、ピボタルなど2社の買収で合意−計5300億円規模

ヴイエムウェア、ピボタルなど2社の買収で合意−計5300億円規模

(ブルームバーグ): 米ヴイエムウェアは22日、米ソフトウエアメーカー2社を計約50億ドル(約5300億円)で取得することで合意したと発表した。これにより開発ツールやサイバーセキュリティー分野での守備範囲が広がる。

  発表資料によれば、買収対象はクラウド関連ソフトウエア・サービスのピボタル・ソフトウエアとサイバーセキュリティーを手掛けるカーボン・ブラックで、買収額はそれぞれ27億ドルと21億ドル。ヴイエムウェアはピボタルに現金と株式合わせて1株当たり11.71ドルを、カーボン・ブラックには1株当たり現金26ドルをそれぞれ支払う。

  買収後の新会社はクラウドやデバイス上でアプリを構築、実行、管理、接続、保護するソフトウエアを提供するとヴイエムウェアは説明した。同社の会計年度下期(2019年8月−20年1月)に買収完了の見込み。JPモルガン・チェースがヴイエムウェアの財務アドバイザーを務めた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索