日本航空、マレーシア航空の株式取得の可能性も−エッジ紙

(ブルームバーグ): 日本航空(JAL)はマレーシア航空の株式を取得する可能性があると、マレーシアの週刊紙エッジが伝えた。

  同紙によれば、日本とマレーシア両国政府間の強い結びつきの下、日本航空によるマレーシア航空への出資を巡りハイレベルな協議が行われてきたと事情に詳しい匿名の関係者2人が語った。

  日本航空の赤坂祐二社長は6月の時点で、一段の協議に含みを残しながらも、マレーシア航空への出資を検討するか言明するのは時期尚早としていたという。日本航空の担当者とオフィスに営業時間外に電話をしたが、返答は得られていない。

  マレーシアの政府系ファンドでマレーシア航空の唯一の株主であるカザナ・ナショナルは、同航空会社の選択肢を探るためモルガン・スタンレーを起用している。株式売却もその中に含まれる。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索