ECBの新QE、ソブリン債だけでは購入不足に陥る公算−チャート

ECBの新QE、ソブリン債だけでは購入不足に陥る公算−チャート

(ブルームバーグ):   欧州中央銀行(ECB)は購入対象にできるソブリン債が不足する見通しだ。インフレ目標の達成に必要な限り債券買い入れを続けるとECBは公約したが、達成前に買い入れ継続不能となれば信頼に傷がつく。インフレ率がしっかりと上昇するまで2年かかれば、ECBは新たな資産買い入れプログラムで購入すべきソブリン債が約600億ユーロ(約7兆2700億円)相当不足しそうだ。ブルームバーグ・エコノミクス(BE)の試算によると、ECBが現在のペースで買い入れを進めると、1年強で購入対象の債券は払底する。これを避ける最善の方法は、購入債券の構成を変えることだ。社債やカバード債を多めに購入すれば不足分を簡単に埋め合わせることができると、BEは指摘する。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る