トルコ:クルド人勢力に国境付近から撤退要求−当面の要求範囲を縮小

(ブルームバーグ): トルコはシリア北部のクルド人武装勢力に対し、22日夜までに勢力地域の一部である国境付近から撤退するよう要求、さもなければ標的にすると警告した。より広範囲に及ぶ「安全地帯」からの撤退も引き続き求めているが、当面の要求範囲を縮小させた。

  トルコ軍高官が匿名を条件に述べたところによると、クルド人率いるシリア民主軍(SDF)に要求したのはシリア側国境のテルアビヤドとラスアルアインを結ぶ120キロメートルの地帯からの撤退。期限は現地時間22日午後10時までとした。

  トルコは依然としてクルド人勢力に対して、長さ440キロ、幅32キロの安全地帯から撤退するよう求めてもいるが、その実現は米国と先週合意した120時間のシリア停戦が失効した後になることを認識しているという。

  これまでにSDFの車両125台が米軍の協力を得て、120キロの狭い地帯から撤退したと、同高官が述べた。トルコは同地帯に有人の監視所を設ける計画だという。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る