日産が米国で約40万台リコール−ブレーキ液漏出で出火の恐れ

(ブルームバーグ): 日産自動車は米国でスポーツタイプ多目的車(SUV)「パスファインダー」を含む39万4025台をリコールする。ブレーキ液が内部の回路基板に漏れ出し火災を引き起こす恐れがあることを理由に挙げた。

  リコール対象車両は2015−18年型の「ムラーノ」SUV、17−19年型のパスファインダーSUV、16−18年型の「マキシマ」セダン、17−19年型の「インフィニティQX60」クロスオーバーなど。日産が今週、リコール番号「18V-601」として米道路交通安全局(NHTSA)に届け出た。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る