ルイ・ヴィトンが最大90%の社員割引を縮小、税務当局を警戒−関係者

ルイ・ヴィトンが最大90%の社員割引を縮小、税務当局を警戒−関係者

(ブルームバーグ): LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン傘下の高級品ブランド「ルイ・ヴィトン」は、社員とその家族を対象とした割引販売プログラムを縮小する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。フランスの税務当局がこれより先、高級ファッション商品の値引き販売は課税対象の福利と捉えるのが適切と判断したという。

  情報が社外秘であることを理由に匿名で語った関係者によれば、従業員が売れ残り製品を購入する際に設けていた最大90%という大幅割引の取りやめで、ルイ・ヴィトンは合意した。現在では割引率の上限が約75%に設定され、フランス国内従業員が払う価格はこれまでの倍以上となった。

  社員販売はこれまで在庫の一掃に役立っており、今回の制度の縮小で、店舗では一切割引販売を行わない同ブランドの方針が難しくなる可能性がある。

  ルイ・ヴィトンの広報担当者はコメントを控えた。仏税務当局に書面でコメントを要請したが、回答はない。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る