(ブルームバーグ): 6日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。11月の米雇用統計が市場予想を上回ったことが買い材料となり、ドル指数は6営業日ぶりに上昇した。カナダ・ドルは下げ、週間ベースの上昇幅を縮小。同国の雇用者数が11月に2009年以来の大幅減となったことが響いた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇この日は米国株が上昇し、市場が織り込む来年の米利下げ確率は低下ドル指数は米雇用統計の発表前、1カ月ぶり低水準に下げていたクドロー米大統領国家経済会議(NEC)委員長は、米中は第1段階の貿易合意への取り組みを続けていると述べた。これに先立ち中国は、同国企業が輸入する米国産大豆と豚肉への報復関税を免除する手続きを開始したドルは主要10通貨に対し高安まちまち。カナダ・ドルは米ドルに対し最も下げたニューヨーク時間午後4時1分現在、ユーロはドルに対して0.4%安の1ユーロ=1.1060ドル。ここ1カ月で最大の下げとなったポンドはドルに対し0.1%安の1ポンド=1.3142ドルジョンソン英首相と労働党コービン党首の党首討論と、その後発表される世論調査が注目されているカナダ・ドルは米ドルに対し0.7%安カナダ雇用統計の発表後、1月利下げの確率が高まったと、カナダ在勤のブローカーは指摘カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁は、来年6月の任期満了時に退任する意向を表明。ただカナダ・ドル相場の反応は薄かったドルは対円で0.2%安の1ドル=108円57銭米雇用統計の発表直後にドルはショートカバーで上昇、0.2%高となる場面があった

©2019 Bloomberg L.P.