(ブルームバーグ): 小泉進次郎環境相は15日、第1子誕生後に育児休暇を取得する意向を明らかにした。日本の男性政治家では広島県の湯崎英彦知事らが取得した例があるが、閣僚の場合、育休に関する法律上の制度はない。

  環境省の重点施策や職員の働き方を見直す「選択と集中」実行本部の初会合で、小泉氏は職員の働き方改革には「トップダウン」も必要だと指摘。自身の育休取得をきっかけに「環境省の中でも皆が臆することなく育休を取得しやすい働き方が進むことを期待している」と述べた。

  小泉氏は、母親の負担が大きい出産から3カ月間、国会や閣議など重要な公務を除いた時間の中で、通算2週間分の育児時間を確保する考え。打ち合わせなどはメールやテレビ会議を活用し、副大臣や政務官に公務を代行してもらうことも検討している。

  小泉氏は「正直とても悩んだ。制度だけでなく空気も変えていかなければ取得する公務員も増えていかないだろう、そういう思いだ」と心情を吐露。その上で、あくまで「公務最優先、そして危機管理万全という条件」の下で、「臨機応変にしっかりと公務に対する責任を果たしていきたい」と表明した。

  小泉氏はフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと昨年8月に結婚。近く第1子が誕生する予定。以前「とにかく健康で元気で出産を迎えることができるように全力で妻を支えたい」と語っていた。

  森雅子法相は15日の自身のツイッターで、小泉氏から育休取得の相談を受けたことを明らかにした。「大変うれしいニュース。今や男性の8割が取得を希望。取得したい人が取得できない現状をリーダーが実践して変えていくことが不可欠」と述べ、小泉氏の育休取得を支持する考えを表明した。

  菅義偉官房長官は同日午前の会見で、男性の育児休業では「取得しやすい職場風土、社会機運の醸成というのが大事だ」と指摘。「小泉環境相の取り組みが、官民を問わず、男性の育児参加の促進に良い影響を及ぼすことを期待している」と述べた。

  

(最終段落に菅官房長官のコメントを追加して更新しました)

©2020 Bloomberg L.P.