(ブルームバーグ): 米上院はトランプ大統領の弾劾裁判が始まる前に「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の実施法案を今週可決する見通しだと、マコネル共和党上院院内総務は述べた。

  マコネル氏はUSMCA実施法案の通過は「上院と国」にとって良いものになるとし、超党派的な支持を集めるとの見方を示した。

  複数の上院議員は16日にも同院での採決が行われる見通しだと話している。

  上院の各委員会は、先月下院を通過したUSMCA実施法案を前進させるため動きを速めている。上院予算委員会は14日に発声投票で同案を前進させ、上院外交委員会は審議を16日から15日に前倒し。上院歳出委員会も同日行動する計画。

  下院は15日に弾劾条項を上院に送付する見通しだが、上院での弾劾裁判は他の上院の課題より優先されねばならないことから、来週開始される公算が大きい。

©2020 Bloomberg L.P.