(ブルームバーグ): 米ウォルト・ディズニーの新しい動画配信サービス「ディズニー・プラス」がダウンロード数で好調なスタートを切った。

  センサータワーの調査によると、2カ月前に登場したアプリのダウンロード数はこれまでにアップストアやグーグルプレイ経由で4100万件を記録し、ユーザー支出は約1億ドル(約110億円)に達した。これはアプリ「HBOナウ」が最初の2カ月で稼いだ規模の4倍。

  センサータワーのリポートを受けてディズニーの株価は14日、一時2%高の146.72ドルに上昇した。ただこのデータは全てを網羅しているわけではない。家庭用ゲーム機やアマゾンの「ファイアTV」などディズニー・プラスの視聴に利用される多くの端末が考慮されておらず、ディズニーがストリーミング事業で得る収入の一部を捉えただけにすぎない。

©2020 Bloomberg L.P.