(ブルームバーグ): 米アマゾン・ドット・コムは、同社サイトに出品するサードパーティー(第3者)販売業者によるフェデックスの陸上輸送サービスの利用を制限する措置を解除した。

  アマゾンは昨年、最繁忙期である年末のホリデーシーズンにフェデックスの利用を制限する措置を突如打ち出した。同社の陸上輸送サービスが遅すぎることを理由に挙げた。

  ブルームバーグが確認した電子メールによれば、アマゾンは出品業者に対し、ニューヨーク時間14日午後5時(日本時間15日午前7時)に制限措置は解除されると伝えた。これを受け、フェデックスの株価は一時3.3%上昇した。

  フェデックスは電子メールで送付した資料で、「当社の陸上サービスに頼っている、われわれ双方の顧客にとって朗報だ。当社のサービス水準は歴史的なピークシーズンを通じて非常に力強かった」とコメントした。

  アマゾンがクリスマスの約2週間前にフェデックスの利用を制限したのを受け、出品業者はユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の陸上輸送サービスなど代替手段の確保を余儀なくされた。

  アマゾンはコメントを控えている。

  制限措置の解除については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

©2020 Bloomberg L.P.