(ブルームバーグ): 英銀バークレイズは法人・投資銀行部門で、上級職約100人を削減する計画に着手した。トレーディング事業を中心にコスト抑制を強化する。

  詳細が公開されていないとして匿名で話した複数の関係者によると、バークレイズはロンドンとアジアでマネジングディレクターとディレクター職を中心に削減に取りかかった。

  ロンドン在勤のバークレイズの広報担当者は、人員削減についてコメントを控えた。

  関係者によると、米州の証券化商品セールス責任者のジョナサン・キテイ氏、欧州・中東・アフリカ(EMEA)ハイタッチ現物トレーディングセールス責任者のティム・ジョンストン氏らが今回の削減で退社する。両氏はコメントを控えた。

  バークレイズは2月に2019年通期決算を発表する。

(第4段落以降に情報を追加します)

©2020 Bloomberg L.P.