(ブルームバーグ): 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官率いる香港政府は、デモ隊の主要要求をあらためて拒否した。19日のデモ集会では、一部の参加者が警察と衝突。昨年6月に始まった政情不安に収束の兆しは見られない。

  政府報道官は香港が英国から返還された1997年以降、基本法において移行するとみられていた普通選挙が実施されていないことについて長文の声明を発表。普通選挙で選ばれるどのような行政長官も中国政府に対する説明責任を同時に負うことを、香港の住民は「明確に理解」する必要があるとの見解を示した。

  19日のデモは中心部のチャーター・ガーデンに数千人が集まり、演説し音楽を流しながら平和裏に始まった。しかし、一部のデモ隊が暴力行為を扇動したとして、警察はデモの早期解散を命じた。

  警察は道路を閉鎖しバリケードに火を付けたとして多くの身柄を拘束。警察官2人が負傷したことを明らかにした。

  

©2020 Bloomberg L.P.