(ブルームバーグ): 週末の北米映画興行収入ランキングで、ソニーの人気アクション映画シリーズ第3弾「バッドボーイズ フォー・ライフ」が初登場首位となった。

  調査会社コムスコアの19日の推計によれば、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが主演の同作品は17日から3日間で5920万ドル(約65億円)を稼いだ。アナリストの予想は3700万−4200万ドルだった。

ユニバーサル・ピクチャーズの「ドクター・ドリトル」は2250万ドルで2位第77回ゴールデン・グローブ賞の作品賞(ドラマ部門)に輝いた「1917 命をかけた伝令」は2210万ドルで3位。「ジュマンジ/ネクスト・レベル」は960万ドルで4位だった週末の封切りスケジュールボックス・オフィス・プロの長期予測

©2020 Bloomberg L.P.