(ブルームバーグ): 台湾の和碩聯合科技(ペガトロン)は、ベトナムに生産施設を開設する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。アップル製品の組み立てを請け負う提携メーカーが中国以外に生産を移す中で、ベトナムに拠点を設ける新たなケースとなる。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ペガトロンはベトナム北部で新たな施設の建設用地を探している。同社は既に北部の都市ハイフォンで別の施設を借りているという。関係者の1人によれば、同社はそこでサムスン電子のスマートフォン向けスタイラスペンを製造する。

  アップルの他の「iPhone(アイフォーン)」受託生産業者、緯創資通(ウィストロン)と鴻海精密工業の2社もベトナムで製造施設の整備や生産能力の増強を進めている。3社はいずれもベトナムでアイフォーンを製造しておらず、当面そうする計画はない。

©2020 Bloomberg L.P.