(ブルームバーグ): 日本銀行の黒田東彦総裁は24日、ダボスで行われている世界経済フォーラム(WEF)年次総会のパネルディスカッションに出席し、日本は2%のインフレ目標から「程遠い」と述べた。

  黒田総裁は低いコアインフレ率に言及し、緩和的な金融政策を当面継続すると言明した。総裁は内需の力強さを指摘、企業投資の強さは続くとの見解を示した。

©2020 Bloomberg L.P.