(ブルームバーグ): 欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:円が全面高、新型ウイルス感染拡大で逃避−ドルも上昇

  24日のニューヨーク外国為替市場では、円が主要10通貨すべてに対して上昇。新型コロナウイルスの感染者が増えていることを巡り、不安が広がった。米10年債利回りは昨年11月以来の水準に低下。ドル指数は週間ベースで、過去5カ月余りで最長の連続上昇。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高。週間では0.3%高となり、3週連続上昇ドルは円を除く主要10通貨すべてに対して上昇。原油の下落を背景に、ノルウェー・クローネは下落率上位米10年債利回りは一時1.668%と、昨年11月1日以来の低水準に並んだ。S&P500種株価指数は昨年10月以来の大幅安米国で2人目の新型ウイルス感染者が確認された。この感染者は中国湖北省の武漢市を訪れて米国に帰国したイリノイ州在住の女性で、帰国後に発症。一方、ニューヨークでは3人が感染の疑いで検査を受けている。フランスでは欧州初の感染が2件確認された週間では、円とポンドが主要10通貨で上昇率上位。円は対ドルで、3週ぶりの上昇ニューヨーク時間午後4時22分現在、ドルは対円で前日比0.2%安の1ドル=109円25銭。ユーロは円に対して0.5%安の120円49銭ユーロは対ドルで0.2%下げて1ユーロ=1.1029ドル。週間では2018年11月以来最長の4週連続下落

◎米国株・国債・商品:ダウ170ドル安、感染拡大を警戒−米国債上昇

  24日の米株式市場では、主要3指数がそろって下落。中国発の新型ウイルスの感染拡大を受けて、売りが広がった。資金の安全な避難先を求める動きから、米国債と金は上昇した。

  S&P500種株価指数は前日比30ポイント(0.9%)下落。昨年10月以来の大幅安となった。ダウ工業株30種平均は170.36ドル(0.6%)安の28989.73ドル。ナスダック総合指数は0.9%下げた。米10年債利回りは約3カ月ぶりの水準に低下。ニューヨーク時間午後4時48分現在は5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて1.69%。

  米国で2人目の新型ウイルス感染者を確認したと、米疾病対策センター(CDC)が発表。3人目の確認も近く発表されると米上院議員らが明らかにした。

  米国株がなお史上最高値圏で推移していることもあり、投資家は今回のウイルス感染が17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)のようなパンデミック(感染症の世界的大流行)に発展する可能性を警戒している。

  FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「世界各地での新たな感染症例に関するニュースが絶えず流れてきており、投資家はろうばいせずにいられない」と指摘。「さらに悪いことに、感染拡大に関する情報が次に更新されるころには、週末で市場が閉まっている。このため、まずは売っておいて、考えるのは後回しというムードに早急に転じた」と述べた。

  ニューヨーク原油先物相場は4日続落。新型コロナウイルス感染の影響で燃料需要が損なわれるとの懸念から売られた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は、1.40ドル(2.5%)安の1バレル=54.19ドル。ロンドンICEの北海ブレント3月限は1.35ドル(2.2%)安の60.69ドル。週間ベースでは6.4%下げ、2018年12月21日終了週以来の大幅安となった。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、逃避先としての金需要が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は6.60ドル(0.4%)高の1オンス=1578.20ドル。週間ベースでは5週連続のプラスとなった。世界最大の金上場投資信託(ETF)である「SPDRゴールド・シェア」には過去5営業日で10億ドル(約1090億円)を超える資金が流入した。

Oil Posts Worst Week in a Year as Virus Selloff Deepens(抜粋)

Copper Sees Worst Losing Streak Since 2018 on Virus Fears(抜粋)

◎欧州債:ドイツ、イタリア債利回りが低下−12月以来の低水準に

  24日の欧州債市場ではドイツ、イタリア10年債利回りが低下、12月12日以来の低水準に下げた。米国でも新型コロナウイルスの感染例が報告され、安全逃避先として米国債が上昇した。

イタリア債はユーロ圏他国債を上回るパフォーマンスだった。ドイツ債とのイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して155bpドイツ債のパフォーマンスは米国債を下回った。中核国債は準中核国債を上回るパフォーマンス英国債は先物主導で上昇。PMI統計が市場予想を上回ったが、相場は反応薄だったドイツ10年債利回りは2bp下げてマイナス0.33%、英10年債利回りは3bp下げて0.56%、イタリア10年債利回りは2bp下げて1.23%ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

©2020 Bloomberg L.P.