(ブルームバーグ): ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の製造コストは、部品価格上昇を受け、450ドル(約4万9000円)前後になる見通しだ。競合の米マイクロソフトへの対応もあり、販売価格の設定に苦慮している。情報が公開されていないため、事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

  関係者によれば、ソニーはゲーム事業の主軸を年末商戦期に発売予定のPS5に徐々に移行したい考え。従来、発売する年の2月ごろに本体価格を決定し春から量産するが、PS5の場合は同時期に発売されるマイクロソフトの新型機の動向を見極めながら価格を決定する。また仮想現実端末「PSVR」の次世代機もPS5の発売後に販売する見込み。

  ソニーの製造の状況を知る複数の関係者によれば、最大の問題は5G(次世代通信規格)関連でスマートフォンメーカーからの需要が旺盛な記憶媒体のDRAMやNANDフラッシュメモリーの安定的な確保だ。十時裕樹最高財務責任者(CFO)は4日の会見で、部品コストは「絶対にコントロールしなくてはいけない」と話した。

  複数の関係者によれば、大部分の部品についてはすでに決定しており、冷却装置は1台当たり数ドルと高額だ。通常は1ドル以下だが、高性能の半導体から発せられる熱が問題とならないよう費用をかけた。

  新型コロナウイルスはPS5の準備に現時点では影響を与えていない。初年の生産数は大規模なものにはならない見通し。

  DRAM不足はすでにソニー製品に影響を及ぼしており、今年発表するミラーレスカメラに搭載予定だった一部新機能を見送った。

  ソニーの広報担当者はコメントを控えるとしている。

©2020 Bloomberg L.P.