(ブルームバーグ): 11日の米株式相場は小幅高。米連邦取引委員会(FTC)が同国ハイテク大手の一部による買収について調査していると明らかにした後、上げ幅を縮小した。米国債は反落。

  S&P500種株価指数は取引終盤に伸び悩んだものの、終値ベースの最高値を再び更新した。FTCの調査に関する報道を受け、フェイスブックやマイクロソフトなどが下げた。一方、ヘルスケアや一般消費財には買いが入った。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%高の3357.75。ダウ工業株30種平均は0.48ドル安の29276.34ドル。ナスダック総合指数は0.1%上昇。ニューヨーク時間午後4時46分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.60%。

  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は下院金融委員会の公聴会での証言で、中国発の新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響を金融当局として注視していると述べた。Eトレード・ファイナンシャルの投資戦略担当バイスプレジデント、マイク・ローウェンガート氏は、パウエル議長の「慎重ながらも楽観的な姿勢にそう驚きはない」と指摘。「すでに活気を欠いている世界経済の成長にこのウイルス問題が長期にわたって影響をもたらすかどうか、現段階では分からないままだ」と語った。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。「OPECプラス」共同技術委員会の減産勧告をロシアはまだ検討中で決めかねているものの、買いが優勢になった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は37セント(0.8%)高の1バレル=49.94ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は74セント高の54.01ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。新型ウイルス懸念の後退で株高となる中、金など安全資産への逃避需要が弱まり、5営業日ぶりに下げた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.6%安の1オンス=1570.10ドルで終了。

Oil Clinches Gain Despite Russia Indecision on OPEC+ Output Cut

Gold Falls and Copper Gains With Global Virus Concerns Easing

(パウエル議長証言や市場関係者コメントを追加、相場を更新します)

©2020 Bloomberg L.P.