(ブルームバーグ): 米アマゾン・ドット・コムは10日、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン会長のマイク・ホプキンス氏をスタジオ部門と「プライム・ビデオ」部門の責任者に起用したことを確認した。

  映画・テレビのオリジナルコンテンツを制作・配信する「アマゾン・スタジオ」をこれまで率いてきたのは、長らくアマゾン幹部を務めてきたジェフ・ブラックバーン氏だったが、昨年、同氏の1年間の休職計画が発表された。ブラックバーン氏は音楽ストリーミングサービスや事業開発、広告部門も統括していた。

  アマゾンの広報担当によれば、ホプキンス氏の今月中に入社の予定。ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が直属の上司となる。ソニー以前には、ストリーミングサービスを手掛ける「Hulu(フールー)」のCEOを務めた経験も持つ。

  ホプキンス氏の移籍については、米紙ロサンゼルス・タイムズが先に報じていた。

©2020 Bloomberg L.P.