(ブルームバーグ): 11月の米大統領選に向けた民主党の候補者選びの第2戦、ニューハンプシャー州予備選の投票が11日に行われ、バーニー・サンダース上院議員が勝利した。

  AP通信の集計によると、地区の86%が報告された段階で、サンダース氏の得票率は25.8%。次いでインディアナ州サウスベンド前市長のピート・ブティジェッジ氏が24.4%、エイミー・クロブシャー上院議員が19.7%。

  サンダース氏はアイオワ州党員集会に続いて強い支持を得たことにより、急進左派の有力候補としての立場をさらに強固なものにした。一方、クロブシャー氏の予想外の健闘は、民主党有権者の穏健派がブティジェッジ氏支持で一枚岩ではないことを示した。

(免責事項:民主党の大統領候補指名を争うマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数株式を所有している)

   Sanders Tightens Hold on Race, With Klobuchar Showing Strength(抜粋)

(集計などを更新します)

©2020 Bloomberg L.P.