(ブルームバーグ): 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の従業員1人が香港の自宅で隔離されていることが分かった。ブルームバーグ・ニュースが社内文書を確認した。この従業員の家族に新型コロナウイルス感染の疑いがあるためだという。

  クオーリーベイ(鰂魚涌)にあるMUFGのオフィスに勤務するこの従業員の感染は確認されていない。社内文書によれば、予防的措置として同じオフィスに勤務する複数の従業員も通知があるまでは自宅隔離に置かれた。

  MUFGの広報担当者は、香港の従業員は誰も感染していないと話し、個人情報保護のために従業員の家族に感染者がいるかどうかについては回答しないと述べた。同広報によると、香港支店は休業することなく営業を続けている。 

©2020 Bloomberg L.P.