(ブルームバーグ): メジャー(国際石油資本)のロイヤル・ダッチ・シェルは、従業員の1人が新型コロナウイルスの感染例と接触したと確認されたことを受け、シンガポールのトレーディングデスクで勤務するスタッフの一部を帰宅させた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によれば、シェルのトレーディングデスクは既に一部在宅勤務となっているが、感染例との接触が分かった従業員と密接に関わった同僚らに対し、同社は予防的措置として在宅勤務を勧告した。業務への影響はないという。

©2020 Bloomberg L.P.