(ブルームバーグ): 14日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが下げ止まり、もみ合った。週間ベースでは2週連続で下落。欧州の経済成長を巡る懸念を背景に、域内の金融緩和観測が高まった。ドルは値下がり。米小売売上高の統計がさえない内容となった。ニューヨーク原油先物相場の上昇を追い風に、カナダ・ドルは堅調だった。

ニューヨーク時間午後4時56分現在、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.0831ドル。週間では1%安主要10通貨の中で、ユーロの軟調は5営業日続いている。ユーロ圏の鉱工業生産は昨年12月に、ほぼ4年ぶりの大幅減となった。ユーロは今年に入って約3.3%下げており、年初のパフォーマンスとしては2015年以来の弱さウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、エリック・ネルソン氏:「ユーロに対するファンダメンタルな打撃に加え、ユーロ圏経済の弱さも欧州中央銀行(ECB)政策に関して『低金利の長期化』という見方を補強する方向に作用している。これに後押しされ、ユーロを調達通貨としたキャリー取引が続いている。短期的にはこうした要因で、ユーロは守勢に立たされる可能性がある」主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。米国債利回りの低下を一因に圧迫されたが、今週付けた2カ月ぶり高水準付近にはとどまっている1月の米小売売上高の統計では、飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高が前月比変わらず。市場では増加が予想されていた一方、2月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は、ほぼ2年ぶり高水準となったドルは対円で0.1%未満下げて1ドル=109円78銭INGのフランチェスコ・ペソル氏:「新型コロナウイルスはリスクセンチメント回復と本格的な逃避の両方を妨げ、為替市場に立ち往生の状態をもたらしている」「コロナウイルスのニュースをきっかけとした円の上昇にはまだ余地があり、1ドル=109円を割り込む円高になるには、ウイルス関連のニュースが決定的に悪化する必要があるだろう」

©2020 Bloomberg L.P.