(ブルームバーグ): 日本の茂木敏充外相、韓国の康京和外相,中国の王毅外相は20日、東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で実施することについて一致した。

  外務省の発表によると3カ国の外相は新型コロナウイルスについて午前にテレビ会議をした。この場で茂木外相が、人類がコロナに打ち勝った証として完全な形で東京五輪・パラリンピックを実施したい主旨を示して、中韓の支持を得たとしている。

  会議ではコロナ感染拡大について各国の取り組みと関心事項について意見交換、引き続き3カ国で協力していくことを確認した。茂木外相は、事態終息へ3カ国の保健当局の協力が重要で、早期に保健大臣会合を開催すべきとして、各国とも早期開催支持で一致した。

©2020 Bloomberg L.P.