(ブルームバーグ): トランプ米政権と議会の共和・民主両党トップは、向こう10−12週間の景気を支援する大型対策で合意に近づいていると、ムニューシン米財務長官が明らかにした。

  長官は22日にFOXニュース・サンデーの番組で、この法案が「23日に議会を通過すると期待している。資金は今必要だからだ」と語った。

  新型コロナウイルス感染拡大を受けたこの景気対策には、中小企業に対する雇用維持支援や、一部国民に対する現金の直接支給、失業保険の拡充、「米連邦準備制度理事会(FRB)との協調による大規模かつ新しい流動性パッケージ」、医療機関への資金援助が含まれる。

  ムニューシン氏はさらに、非常事態がより長期化した場合、トランプ政権は追加の支援策を検討する考えだと明らかにした。

©2020 Bloomberg L.P.