(ブルームバーグ): 国際オリンピック委員会(IOC)は22日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの延期を含む予定変更の可能性を想定し、計画策定を強化すると発表した。一方、大会の中止は検討されないと明言した。

  東京五輪(7月24日開幕予定)延期を求める圧力が強まる中、IOCはこの日、電話会議方式で緊急理事会を開催。「4週間以内に、こうした協議で結論に至ることを確信している」との声明を発表した。

©2020 Bloomberg L.P.