(ブルームバーグ): 新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で11件あることが帝国データバンクの調査で判明した。3月23日9時現在、法的整理が7件、事業停止が4件。業種別には旅館やクルーズ船などの観光関連事業が4件、飲食関連事業が3件となっており、飲食関連事業者は3件とも北海道。

  負債は16日に民事再生法の適用を申請した衣料品製造・販売のシティーヒル(大阪市)が50億円と最大。地域別には近畿が4件、北海道が3件などとなっている。いずれのケースももともとの経営難などに新型コロナウイルスが追い打ちをかけ法的整理・事業停止に踏み切ったという。

関連記事:新型コロナ関連倒産は8件、今後は連鎖や地域広がり懸念−帝国データ

  

©2020 Bloomberg L.P.