(ブルームバーグ): 中国主要30都市の1日当たりの住宅販売は、新型コロナウイルスの感染例が最初に確認されてから99.7%余り急減し、2月8日にはわずか22件となった。しかし、3月に入り部分的に回復の兆しがうかがえる。

  キャピタル・エコノミクスとナイトフランクの調査データによれば、3月1−17日の主要30都市の住宅販売は2月1−17日との比較で約8.5倍となった。

  ナイトフランクのパートナー、ケイト・エバレットアレン氏は、新型コロナ感染症へのグローバルな異なる対応を見る限り、「厳密な比較には注意が必要だ」としながらも、「新たな感染の数字が減少した段階で、非常に低い水準からではあるが、比較的急激に活動が上向くことをアジアの経験が示唆する」と指摘した。

©2020 Bloomberg L.P.