(ブルームバーグ): 米ドラッグストアチェーンのCVSヘルスは、フルタイム、パートタイム、臨時雇用を含め合計5万人を採用する計画だ。米国内での新型コロナウイルス感染拡大に伴う、医薬品サービスや健康関連商品の需要急増に対応する。

  CVSは、店舗担当や配達ドライバー、配送センター、カスタマーサービスで人員を採用すると発表。新型コロナ感染拡大を受け、CVSなどドラッグストアは医薬品や健康商品、家庭用品などを買い求める人で混雑が続いている。CVSの広報担当T.J.クロフォード氏は電子メールで、同社が今月初めに手数料を免除して以降、処方薬の配達は300%近く増加していると明らかにした。

  同社は、ホテル運営のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスやマリオット・インターナショナルといった既存顧客で一時解雇された人を雇う計画。全米規模で外出規制が広がっていることから、就職フェアや面接はオンラインで実施する。

  CVS以外でも、同業のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは22日に9500人余りを採用する計画を発表。アマゾン・ドット・コムは10万人、ウォルマートは15万人それぞれ採用する予定。

©2020 Bloomberg L.P.