(ブルームバーグ): 米ボーイングはシアトル地域の製造ハブを2週間閉鎖する。従業員1人が新型コロナウイルス感染による合併症で死亡したことを受けた措置。

  23日の発表資料によると、シアトル地域の工場では直ちに活動の段階的縮小を開始し25日に稼働を停止する。これら施設にはシアトルの北約40キロメートルに位置するエバレットの工場や市南部の部品工場などが含まれる。これら施設では消毒作業を念入りに行い、従業員には10日間の有給休暇が与えられる。

  ボーイングはさらに、サウスカロライナ州にある787ドリームライナーの工場についても従業員の健康と安全の評価を行っている。

©2020 Bloomberg L.P.