(ブルームバーグ): テクノロジー・製造分野の複合企業、米ハネウェル・インターナショナルは50億ドル(約5500億円)の新規タームローンについて銀行と協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、期間は2年となる見込み。ハネウエルの担当者は協議していることを認めたものの、具体的な詳細は明らかにしなかった。

  同社は電子メールで送付した発表資料で、「現在の状況における当社の体力をさらに強化するため、今回の措置に加え複数の積極的な措置を講じている」と説明。同社の新規タームローンを手掛けるシティグループの担当者はコメントを控えた。

  新型コロナウイルスの感染拡大でボラティリティーが拡大する中で、多くの投資適格級企業は追加の流動性を求めて既存の信用供与枠を利用するなどしている。

©2020 Bloomberg L.P.