(ブルームバーグ): ペロシ米下院議長は23日、新型コロナウイルス対策として2兆5000億ドル(約280兆円)規模の景気刺激のための法案を公表した。この日、再度阻止された上院共和党の景気対策法案を巡る交渉を方向づける狙いがある。

  ペロシ議長が推し進める1400ページに上る法案は金融セクターに幅広い影響を及ぼす内容。金融機関は住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの支払いを一時的に猶予するよう義務付けられる。また、借り手が住宅ローンの支払いを最長360日停止できるよう、連邦準備制度に対し債権回収会社への流動性供給を命じる条項も盛り込まれた。

  さらに公共住宅の住民は家賃の支払いを一時的に猶予され、学資ローンの借り手は債務1万ドルが免除されるとしている。 

©2020 Bloomberg L.P.