(ブルームバーグ): 数学者ジム・サイモンズ氏が創業したヘッジファンド、ルネサンス・テクノロジーズの米上場株のみ対象に取引するクオンツ戦略ヘッジファンドの今年これまでの運用成績は、マイナス24%となった。3月初めの3週間で大きく悪化した。

  ブルームバーグが確認した投資家向け資料によると、「ルネサンス・インスティチューショナル・エクイティーズ・ファンド」は3月1−20日の成績がマイナス約18%。同ファンドの戦略は、コンピューター主導モデルが上昇を見込む銘柄にバイアスを掛けている。

  ただ米S&P500種株価指数は、3月は20日までに22%、年初からは28%それぞれ下落しており、同ファンドを上回る落ち込みとなっている。

  広報担当のジョナサン・ガスサルター氏はコメントを控えた。

©2020 Bloomberg L.P.