(ブルームバーグ): 中国の湖北省政府は24日、武漢市の交通再開を4月8日から認めると発表した。新型コロナウイルスが最初に発生した同市の大規模な隔離措置は事実上解除される。

  湖北省政府のウェブサイトに掲載された声明によると、武漢市民は同市や湖北省を離れることができるようになる。中国は1月23日に武漢市や周辺地域で前例のない封鎖措置を講じていた。

  同省が今月19日に報告した新型コロナの新規感染者はゼロとなっていた。

  習近平国家主席は国内の感染拡大は食い止められているとの自信を示し、今月10日には新型コロナ発生後初めて武漢市を訪問した。だが、世界的に感染拡大が加速し、今では欧州の感染者が中国を上回る状況で、中国の経済活動が完全再開するのは容易でなさそうだ。

©2020 Bloomberg L.P.