(ブルームバーグ): トランプ米大統領は他人との距離を置く「ソーシャルディスタンシング」を段階的に緩和し、4月12日の復活祭(イースター)までに米経済活動を再開させたい考えを示した。

  トランプ氏は24日、FOXニュースに対し、「イースターまでに経済活動を再開させたいと強く願っている」と語った。米国では新型コロナウイルス感染拡大を受けて、大半の経済活動が低迷している。

  トランプ氏は人々の社会的接触を制限する15日間の措置が来週終了した段階で、労働者に職場復帰を呼び掛けるかどうかを検討すると説明してきた。

  この日も「今の対策は問題それ自体より悪い」と発言。景気下降が長引けば大勢の自殺者が出ると警告し、「この措置を続けることを認めれば、より多くの人が亡くなると私は考える」と述べた。

  世界保健機関(WHO)は同日これより先、米国が新型コロナ感染の新たな中心地になり得るとの見解を示した。

©2020 Bloomberg L.P.