(ブルームバーグ): 安倍晋三首相は25日午前、トランプ米大統領と電話会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックを1年程度延期する方針を説明した。トランプ氏は大変賢明で素晴らしい決定と繰り返し述べ、首相の立場に全面的支持を表明した。菅義偉官房長官が記者会見で会談内容を明らかにした。

  電話会談は安倍首相からの提案で実施したもので、両首脳は「人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして東京大会を完全な形で開催するため緊密な連携」をしていくことを確認したという。西村明宏官房副長官によれば、具体的な開催日程のやりとりはなかった。

  安倍首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談し、東京五輪を1年程度延期し、「遅くとも2021年夏まで」に開催することで合意。IOCはその後の理事会でこれを承認した。

  日米首脳の電話会談は13日以来。トランプ氏は12日、自身のアイデアだと前置きした上で、東京五輪を「1年延期してはどうだろうか」との考えを示していた。

©2020 Bloomberg L.P.