(ブルームバーグ): ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は24日、欧州で「プレイステーション」のユーザーによるダウンロードが遅くなっている可能性があることを明らかにした。

  同社はダウンロードのトラフィックを管理するため欧州のインターネットサービスプロバイダーと協力していると説明。

  SIEのジム・ライアン社長は資料で、「プレーヤーはいくらか鈍いあるいは遅れたゲームのダウンロードを経験している可能性があるが、引き続き安定したゲームプレーを楽しむだろう」と指摘。「前例のない数の人が社会距離戦略を実践し、インターネットへのアクセスに一段と頼るようになっており、われわれとしてもインターネットの安定性を巡る懸念に対処することが重要だと考えている」とコメントした。

©2020 Bloomberg L.P.