(ブルームバーグ): 米カリフォルニア州のニューサム知事は24日、4月12日の復活祭(イースター)までに新型コロナウイルスに伴う同州の外出禁止令を解除できると示唆すれば「誤解を招く」だろうと述べた。トランプ大統領は復活祭までに米経済活動を再開させたいと表明していた。

  ニューサム知事はフェイスブック上で生中継された記者会見で、「流行曲線を平坦化させようとしているが、まだそこに至っていない」と説明。4月中旬という時期について、少なくともカリフォルニア州にとっては時期尚早との見方を示した。

  同知事は専門家との会話を基に、加州封鎖が8−12週間続く可能性が高いとみている。

  現地時間24日午前10時(日本時間25日午前2時)現在、新型コロナウイルス感染症による同州の死者数は40人。感染者数は2102人と前日から17.5%増えた。ニューサム知事は、数千件の検査結果が今後判明することから、感染者数のさらなる増加が見込まれるとしている。

©2020 Bloomberg L.P.