(ブルームバーグ): ゴールドマン・サックス・グループは米連邦準備制度が23日に社債市場に介入したことを受け、ローン担保証券(CLO)と資産担保証券(ABS)の買いを勧めた。

  ロトフィ・カルイ氏らゴールドマンのストラテジストは同日付のリポートで、格付け「AAAのABSとCLOのロング」を勧めた。AAAの消費者関連ABSおよびCLOのスプレッドは市場の流動性逼迫(ひっぱく)の中で最近数週間に大幅に拡大したとコメント。

  トリプルA格付けのABSとCLOは構造的に「経済的ストレスのシナリオでも元本損失のリスクは低い」と分析し、下位の格付けのトランシェによって損失が吸収されたため、金融危機時にも元本削減は出さなかったと指摘した。 

©2020 Bloomberg L.P.