(ブルームバーグ): 欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株が続伸、米景気対策法案の採決待ち−ドル続落

  25日の米株式相場は続伸。過去最大規模の米景気刺激策の議会採決を待つ展開となった。米国債は総じて小動き。ドルは幅広い通貨に対して下落した。

  景気対策法案の最終的な調整作業が続く中、S&P500種株価指数は2月12日以来の連騰となり、2日間の上昇率は2008年11月以来の大きさとなった。ボーイングが24%高と急伸し、ダウ工業株30種平均を押し上げた。ただ、サンダース上院議員が法案の採決持ち込み阻止を示唆したことから、S&P500種とダウ平均は終盤に上げ幅を大きく縮小、ナスダック総合指数は下げに転じた。

  S&P500種株価指数は前日比1.2%高の2475.56。ダウ平均は495.64ドル(2.4%)高の21200.55ドル。ナスダック総合は0.5%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し0.87%。

  トロント・ドミニオン銀行の為替戦略グローバル責任者、マーク・マコーミック氏は「2兆ドルの景気刺激策への合意は経済への打撃を和らげるのに役立ちそうだが、高リスク資産に関して万事準備完了になったとは思わない」とコメント。「少なくとも、先行きは不安定になるだろう」と述べた。

  マニュライフ・アセット・マネジメントのグローバル資産配分責任者、ネーサン・ソーフト氏は「金融市場はセンチメントに動かされている。パニックと楽観論を行き来している」と述べた。

  為替市場ではドルが幅広い通貨に対して下落。リスク選好の高まりに加え、米景気対策法案が議会での採決に近いとの見方が広がり、午後に下げ幅を拡大した。原油相場が上昇する中、ノルウェーやカナダの通貨は特に大きく上昇した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は1.2%低下。ドルは対円ではほぼ変わらずの1ドル=111円21銭。

  ニューヨーク原油先物相場は3日続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は48セント(2%)高い1バレル=24.49ドル。ロンドンICEの北海ブレント先物5月限は24セント上げて27.39ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。前日まで4営業日続伸していた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は1.7%安の1オンス=1634.30ドルで引けた。

◎欧州市況:株続伸、2営業日としては08年来の大幅高−英国債上昇

  25日の欧州株は続伸。2営業日としては2008年10月以来の大幅高となった。新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響に対応するため各国政府が打ち出した刺激策への楽観があらためて広がった。

  ストックス欧州600指数は3.1%上昇。前日からの上昇率は12%となった。米国からドイツまで各国が救済策を発表し、安心感が広がったことも寄与した。同指数を構成する19業種はいずれも上昇。エネルギーや旅行・レジャー関連株が上げをけん引した。  

  米銀モルガン・スタンレーの欧州株式チーフストラテジスト、グレアム・セッカー氏はブルームバーグTVで、「古くから政策当局者がパニックに陥り始めたら、投資家のパニックは終わると言われている」と発言。「この先さらに不安定な日々もあるだろう。しかし最終的なところ、われわれが目にしてきた政策対応は、世界各国で非常に大規模かつ広範にわたる内容だったことから、ボラティリティーの低下や相場安定につながっており、実際に十分な下支え要因となっている」と述べた。

  この日のエネルギー株は6.5%高、旅行・レジャー関連株は5.7%値上がりした。

  欧州債市場では中核国の長期債を中心に売られた。欧州中央銀行(ECB)当局者が必要に応じて国債購入プログラム「アウトライト・マネタリー・トランザクション(OMT)」を稼働することを広く支持していると、関係者が語ったことが手掛かりとなった。OMTが導入されれば、ECBは加盟国の国債をほぼ無制限に購入することが可能になる。

  イタリア債は変わらず。周辺国債のパフォーマンスを下回った。

  ドイツ債はベアスティープ化。英国債は上昇。イングランド銀行(英中央銀行)は緊急措置として量的緩和(QE)プログラムを拡大している。

  ドイツ10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇してマイナス0.26%、フランス10年債利回りは2bp上げて0.21%、イタリア10年債利回りは2bp下げて1.54%。

(米国市況を更新します)

©2020 Bloomberg L.P.