(ブルームバーグ): 世界中の中央銀行が量的緩和を再開または新たに採用する中で、購入総額ではなく利回りのコントロールに重点を置く日本銀行の政策が注目されている。

  オーストラリア準備銀行は19日に3年物国債の利回り目標を0.25%前後に設定した。これは利下げ後の政策金利と同水準。

  特定の購入額を約束するよりも利回りを目標とすることの利点は、金融当局にとっての柔軟性が高くなることだ。利回りが目標のレンジに下がれば、より少額の購入にとどめることができる。

  日銀は2016年後半に利回りコントロールのアプローチを採用。ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事も最近、米国でのイールドカーブコントロールの可能性を提案した。

  米ハーバード大学ケネディスクールのポール・シェアード上席研究員は「豪中銀のパッケージで驚きだったのは米国などの金融当局に先立って日銀の手法を踏襲したことだ」と述べた。

©2020 Bloomberg L.P.