(ブルームバーグ): シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークは26日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年財務目標の達成が見込めなくなったと債券保有者に伝えた。

  ウィーワークのサンディープ・マスラニ最高経営責任者(CEO)とマルセロ・クラウレ会長は、ブルームバーグが入手した債券保有者宛ての書簡で、感染拡大に伴い「これまで公表した20年目標の達成をもはや予想していない」と明らかにした。

  CEOらは「当社の他の暫定目標に関係する過去に公表した将来見通しに関する情報の見直しと再検討を行っているところだ」と説明。同社は昨年末時点で44億ドル(現在の為替レートで約4800億円)の現金を保有し、経営立て直しの計画実行に十分な手元流動性を備えているとの認識を示した。

©2020 Bloomberg L.P.