(ブルームバーグ): 米ワイオミング州ジャクソンホールで毎年8月後半に開かれるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムの開催が、今年は危ぶまれている。会場となる施設が、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に今シーズンの閉鎖を発表したためだ。

  カンザスシティー連銀のローゼンガーテン報道官は「この発表に伴う年次経済シンポジウムへの影響を精査しており、詳細が分かり次第知らせる」と述べた。

  例年の会場となるジャクソン・レーク・ロッジの運営業者は現地・連邦保健当局の命令に加えて、国立公園局から新たに受け取った指針に基づき、今シーズンは営業しないとのメッセージを別途発表した。

©2020 Bloomberg L.P.