(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染症(COVID19)で英国の病院に入院した患者の約3分の1が死亡したと、1万6000人余りの感染者を対象とした研究が示唆した。

  査読前でまだ科学雑誌に掲載されていないこの論文は、英国の新型コロナ致死率についての早期の研究結果を示す。

  エジンバラ大学、リバプール大学、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者が率いるグループはイングランドとウェールズ、スコットランドの166の病院に入院したCOVID19患者について調査した。対象期間の終わりには、患者の約3分の1が死亡、ほぼ半数が退院し、17%がまだ病院で治療を受けていたという。

  研究者らによると、男性や肥満の人の致死率が高かった。英国内で陽性と判定された人の約15%をサンプルとしており、患者の年齢の中央値は72歳だった。

©2020 Bloomberg L.P.