(ブルームバーグ): 米情報当局は、新型コロナウイルスが中国で遺伝子操作などにより人工的につくられたとは考えていないと、米国家情報長官室が30日発表した。新型コロナの起源を巡り、米国と中国の緊張が高まっている。

  国家情報長官室は発表文で、情報当局は「新型コロナが人間の手によってつくられたり、遺伝子を操作されたりしたものではないとの幅広い科学的なコンセンサスに同意する」と言明した。

  その上で、米情報当局は「感染拡大の端緒となったのはウイルスを持った動物との接触を通じてなのか、武漢の研究所から偶発的に流出した結果なのかを見極めるため、今後入ってくる情報を引き続きつぶさに調べていく」と続けた。

  トランプ大統領の有力支持者の一部らは、ウイルスが武漢の研究所でつくられた可能性があるとの説を流布しており、トランプ氏は発生源の調査を命じたと述べていた。

©2020 Bloomberg L.P.