(ブルームバーグ): 世界のスマートフォン出荷は、1−3月(第1四半期)に過去最大ペースの落ち込みとなった。スマホ消費と生産に対する新型コロナウイルス感染症(COVID19)の壊滅的影響が示された。

  市場調査会社ストラテジー・アナリティクスとIDCによると、1−3月のスマホ出荷台数は2億7500万台。両社は前年同期比での減少率をそれぞれ17%、11%と見積もっている。さまざまなメーカーの出荷を基に推計しているため、両社の数字は若干異なる。両社は新型コロナの感染拡大を主な要因としており、サプライチェーンと需要に打撃を与えたとみている。

  IDCの分析によると、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」出荷はほぼ変わらずの3700万台近辺と、スマホ販売で首位の韓国サムスン電子よりも堅調さを示した。サムスンの出荷は7200万台弱から約5800万台に減少。華為技術(ファーウェイ)は約1000万台減の4900万台近辺となった。

©2020 Bloomberg L.P.