(ブルームバーグ): 米大統領選の民主党候補に事実上決まったバイデン前副大統領は、上院議員時代の元女性スタッフが告発した性的暴行を否定し、関連する記録があるのであれば公表するよう求めた。

  バイデン氏は元スタッフのタラ・リードさんの告発について、「元スタッフの1人が主張する私が27年前に関与したとされる不適切な行為について明確にしたい」との声明を1日朝に発表。「事実ではない。そのような行為は決してなかった」と説明した。

バイデン氏の元スタッフが性的暴行受けたと告発、民主党が板挟みに

  リードさんは暴行を受けた後、バイデン氏のオフィスのシニアスタッフ3人に報告したと述べたが、この3人はいずれも報告があったことを否定している。

  リードさんはさらに、より正式に性的暴行に関する申し立てを上院に行ったと述べているが、上院もリードさんも申し立ての複写は保有していない。

  バイデン氏は米国立公文書館に申し立てに関する何らかの記録があれば公開するように求めた。同氏は声明で「こうした申し立てが保管されているとしたら国立公文書館しかない」と指摘した。

©2020 Bloomberg L.P.